お葬式に出ることになったら

お葬式は突然、出席することになる場合が多いため、準備がしにくいと言われています。年齢をかさねればかさねるほど、出席する確率も高くなってくるため、注意が必要です。いつどんなタイミングで出席することになってもいいように、最低限のものは用意しておくことをお勧めします。例えば、喪服は一着、持っておいた方がいいかもしれません。突然レンタルするということはできにくいからです。男性の場合はネクタイや靴など、一式、取り揃えておくことをお勧めします。特に、会社勤務の人は会社関係で出席することも多いので、一式持っていないと不便に感じられることがあるはずです。それから、ある程度のお葬式のマナーも身につけておくことをお勧めします。焼香の仕方や香典の出し方くらいは、覚えておいた方がいいかもしれません。マナー本などを参考にすることをお勧めします。

家族中心の少人数で行うお葬式

家族葬は、友人や知人には知らせずに、儀礼的な弔問を一切なくした家族中心の少人数でおこなうお葬式です。家族葬の利点はゆっくり故人と心いくまでお別れができることです。一般の葬儀ではたくさんの会葬者の応対や葬式の進行などであわただしく過ぎてしまい、気づいた時には葬式が終わってしまったということもあります。少ない人数であれば自宅でもできますし、斎場も小さな部屋でいいので、低価格で行えます。また祭壇を作らなければさらにコスト削減になります。一方、家族葬はいくつか注意点もあります。小規模なお葬式にしたことで親族などから反感をもたれるかもしれません。そのため事前に故人の強い希望だったということを理解してもらう必要があります。またお葬式の後で故人の友人たちから不満の声があがるかもしれません。家族葬を行う場合は事前の準備も大事ですが、事後のことも考えて家族としっかりと話し合っておくことが大切です。

人気のお葬式のスタイル家族葬

最近はお葬式といえば家族葬(ファミリー葬)が定番となっています。家族葬はほとんどの葬儀社が基本プランとして取り扱っているほどメジャーな葬儀スタイルです。ただし、家族葬というのに特に決まった定義はなく、何となく身内や友人たちだけで行うアットホームなお葬式のことを指していうことが多いようです。普通の一般葬の場合、会葬者は100人以上の規模になりますが、家族葬の場合はごく少人数で、多くても50人程度です。参加する人数が少なく、遺族にとっては気心の知れた人たちばかりなので、格式ばった儀式にとらわれず故人とゆっくりお別れができます。また、人数が少ないので食事代や会葬返礼品などの接待費も安く済みます。広いセレモニーホールをレンタルする必要がなく、一般的な葬儀と比べるとはるかに葬儀費用を抑えることができます。

資料請求者全員にエンディングノートプレゼント。 お葬式は「小さくていい」というお客様のニーズに合って、急成長ができた。すべてのプランで必要な物がすべて含まれた金額です。 大阪府で激安家族葬をお考えなら「小さなお葬式」。大阪府全域で180件以上の葬儀場がご利用可能です。 葬儀プランは定額料金で追加料金は一切不要です。 提携法人には特別価格でご提供しております。サービスの内容は一切変わりません。 お葬式の情報が必要な方へ