近年では出版自体が簡単に行われ、そこから企画出版へと移行する例もあります

以前では本を出版する場合には自分の手で原稿を出版社に持ち込み、完全に出版費用を自腹で賄うのが一般的でした。ですが最近の自費出版では出版社と筆者が内容を協議し合い、費用を折半して支払う方法が広がってきています。この方法でしたら本屋などの商業ベースに乗せることもできます。自費の割合は高くなりますが、身内に配布する出版物の場合でも担当と相談してクオリティの高いものを制作することができます。
また、この場合の利点としては担当の方と話し合いながら書きたいことを練って行けますので、文面としては未完成でまとまっていないものでも完成形まで持っていけるという点です。

ウェブから小説を依頼される例も

また最近では自分の小説や詩などを投稿するサイトがいくつもあります。その中で読者によく読まれていたり、編集者が売れると確信を持ったものに対してはそのまま企画出版を持ちかけられるケースもあります。これも、設立当時と比べて多くの出版社が関心を寄せています。サイトでも公式企画として出版社とタイアップして小説大賞などを行っているので、この道からプロの小説家になる方も少なくありません。小説や詩を評価されたい方だけでなく、オリジナルの作品であれば掲載可能の作品を利用して、とにかく自分の作品を読んでもらいたいという方の発表の場ともなっています。これも一種の自費出版と言えるのかもしれません。

自費出版が売れてからのステップアップ

出版社と内容などを話し合って本を出版した場合、商業ベースに乗せて反応が良ければ印税という形で高率の売上還付金が入ってくる他、究極の形としては企画出版という形で出すこともあります。
企画出版になりますと出版費用は出版社持ちになりますので個人の支出がほとんどなくなりますが、印税は大体10%前後になります。自費出版の場合最大50%ではありますが出版費用がかかることを考えると、こちらからの支払い無しに印税が入ってくるというのは大きなメリットになります。また、商業ベースで広告を行いますので著者の知名度も上がります。専門の知識をまとめた本を執筆した場合、意見やアドバイスなどを求められることもありえます。自分の仕事分野の本が商業ベースに乗ると今後のビジネスにも良い影響を与えてくれますので自費出版から企画出版へのステップアップを目指すのも良いでしょう。

出版者を紹介いただき成約の場合謝礼を差し上げます。 著者にご滿足していただけるよう万全なサポート体制で自費出版致します。 月間100点以上もの発行点数を持つ出版社に比べて、書店流通・広告面でメリットが多くあります。 自費出版、個人出版、企業出版など出版・編集サービス全般は誠実がモットーの当社にお任せ下さい。 企画出版を低コストの風詠社におまかせください

ピックアップ記事

電子書籍によって下がった企画出版へのハードル

近年では電子書籍によって企画出版のハードルが下がっただけでなく、十分な知識さえあれば自力での出版も可能になっています。通販の大手2社が提唱している電子書籍のブランドとスマートフォンのシステムを寡占して...

企画出版の時に払われる印税について

一般に多く知られている印税という言葉があります。しかし、実際にその中身を知っている人はそう多くありません。ここではまず、印税とは何なのかを説明します。CDや映像物には印税がつきます。ただし、本に限って...

素人が企画出版にたどり着く方法

近年では自費出版を行う出版社の中で筆者が希望する場合には書店の販売網に乗せ、売上が良ければ企画出版に契約し直すところも増えてきていますが、それでも本を出版するんだったらまずは企画出版で出してみたいとい...

自費出版と企画出版の違い

自費出版と企画出版の大きな違いとして、出版費用をどこが出しているかという点があります。自費出版においては、出版費用を筆者個人が調達します。といっても筆者自身が全額払うというわけではないのです。現在では...