墓石とは

墓石選び、墓地選びで成功をしたいときは、プロの意見を最初から聞いた方が効率がいいです。具体的に言うなら現在は墓石ディレクターのような職業の人が存在します。そうした人にちょっとしたコストをかけてでもサポートを依頼した方が、結果的に総額で考えると安くまとまります。
親御さんが亡くなった時には財産があると相続が必要になるのはもちろんですが、親から受け継いだ墓石に対しては相続税というものは対象外になっているのです。ということで特にすることというのはないということになるのですが、寺院など墓石があるところに対しては今後受け継ぐということを忘れないで伝えるようにしなければいけません。

普通は和風の墓石が大き目で、洋型の方が小さ目になります。しかしながら墓石は特注で造ることが可能となっているので、それぞれが好きな大きさに出来、造ろうと考えると大分でっかく仕上げることが可能なのです。当然寸法がデカくなるとやはり価格も高くなることは間違いないので、その点は認識しておくといいのです。
墓石は普通丈夫なので、数年で砕けてしまうといった状況はなかなか無いですが、墓石と基礎の部分の境目に使用されるセメント系接着剤は10年ていどで劣化してしまいます。補修の工事をしないでいると倒壊してしまう危険もあります。ちなみにこのごろではセメント系接着素材よりも劣化が遅い接着剤も開発されています。
どれほど墓石が痛んだからと言っても誰にも相談しないで墓石を新しくしてはいけないのです。現在ある墓石を壊すと言う際には、撥遣をやらなくてはいけなくて、当然建て替えが終わった時には、今度は墓石の魂入れをお寺側に依頼しなければ駄目なのです。事前に霊園などに話してから行うようにすることが常識となっているのです。

ほとんどの方が初めて墓を立てるのですから、失敗は間違いなくあります。事前にそうしたトラブルを回避するためにも、墓石ディレクターなど墓石のプロに助言を依頼すると間違いがないです。料金は必要ですが、最終的に総額でお得になる場合が多いです。
まれに回収済みのお墓の墓を山林に不法投棄して廃棄物処理法違反で逮捕される回収業者があります。こういった業者は問題外ですが、通常は不要になったお墓の石は、専用業者が回収し、木っ端みじんにして工事現場などで役立てますもちろん、引き取る前は故人の魂を抜き取る法要がとり行われるので、呪いなどは起きません。
好きな墓石を選択するのみならず、耐震のことも十分に考慮してお墓を買うようにして下さい。各墓石店で工事のやり方が異なるので、きちんと耐震対策してくれるところに頼むことは非常に重要な業者選びのポイントになっているのです。安いといった理由だけで選ばないようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*