遺品整理という職業もあります

近年では、遺品整理といった職業もあるようです。実際に、まだそういった職業の人と接したことはないのですが、テレビのドラマや、実際に職業としている人のドキュメントのようなものは、以前見かけたことがあります。なかなか大変な仕事のように感じてみていました。亡くなられた方の家の中を片付ける仕事内容なのですが、本来であれば、遺族の方たちがやるべき事なのだと思うことを、一手に引き受け請け負うといったことです。自分の住まいの片づけをするのも、大変なのに、知りもしない人の家に入り、中には、酷く汚れていたり、強い異臭の様なものが漂っていたりと、かなり条件も厳しい状態の中での作業を課せられることも多いと思います。家族がいたとしても、きっと、手に負えない程だったりすることもあるのだと思います。私も、それを見ていて、今の内に迷惑をかけないように、整理をしておこうと思いました。

遺品整理は、かなり大変な場合もあります

私の実家の近くの方が亡くなりました。お蔵もあるような大きなお宅で、一人暮らしをしてらっしゃった高齢者でしたお子様は県外に三人いらっしゃいます。お子様が独立してから暫くは夫婦二人で暮らしてらっしゃいましたが、ご主人が亡くなり奥様が一人でした。昔の人は、物の無い時代を生きてきた経験から勿体無いという気持ちが強い方も多いようです。物が捨てられなくて、遺品はかなりの量が残り、お子様方も55歳を越していましたから整理が大変だったようです。お子様方にも自分達の生活がありますから、実家の整理に長い期間を費やすわけにもいかず、業者に依頼して遺品整理をしていただいたそうです。大きなお宅でしたから、費用もそれなりにかかってしまったようです。老後のためにコツコツ要らないものを処分できると良いですが、無理な場合は業者に頼むのも一つの手ですね。

遺品整理というお仕事

少し前に話題になった職種で遺品整理の仕事があります。これは文字道理のお仕事です。忙しい遺族のため、または余りにも多くて片付けが大変である場合などに利用する人が多いようです。業者はリサイクルを生業にしている企業が手掛けていることが多く、遺品整理を行う際にまだ使うことができる物は買取をしてくれます。しかも、短時間で行ってくれるので、遺族側も助かるというわけです。高齢化社会となり、遠くにいる両親のものを片付けることができない人は、地元の業者に頼んですることもあります。また、一軒家から一部屋までを片付けてくれます。その際には、見積りをお願いしてみましょう。買取ができるものは買い取ってもらい、廃棄するものは供養したのちに処分となります。遺品の整理に時間を割くことができないのであれば、業者にお願いしてみてはどうでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*