お墓の伝統が日本に伝播してきたころは、凡字以外は墓石の表面に彫刻しませんでした。しかしながら、時が過ぎて江戸期になると、庶民たちも墓石を設けるようになり、墓石の表面に俗称や名前を彫り込むようになっていきました。現代はさらに自由になって、好き勝手な言葉を墓石の上に彫り込んでいる人も増えています。
墓地には中古の用地も存在します。前に誰かが使用していた墓地の利用権を後から買うのです。購入の際は土地をならしておはらいなどをしっかりと行い、新規で墓石を作る方法です。もちろん料金は下がります。当たり前ですがお墓の石は新たに作って、まっさらな土地に最初からお墓を作る流れになります。

将来墓石を提供する墓石屋さんが残っていくようにするには、これまで以上に経営努力をしなければいけません。前までは相当もうけを取れていた石材店なのですが、デフレが継続している今では値引き競争が激化していて、最近では薄利で売っているお店も増えていて、そのあおりで経営難に直面しているところが増えているとの事なのです。
現在人気の墓石は、西洋式の墓石になります。人気の理由はさまざまありますが、最大のポイントは価格の安さです。洋式は背の高い墓石や付属品が一切必要ありません。かなり価格も抑えられます。経済的に済ませたい人は、西洋式の背の低い墓石を認めてくれる墓地を探すといいです。
しっかりとした墓石を建てるためには基礎工事が必要なのです。お墓を販売している場所により基礎工事を行う方法が異なるので、実際に購入する前にその方法を自分で把握して、加えて工事しているところに行って十分に確認するようにすることを推奨します。極力地震に強いお墓を建てるべきです。

西洋式のお墓は、墓石を設置するだけで大丈夫ですが、昔ながらのお墓を作るなら、墓石本体の他に、いろいろと付属の品を用意する必要があります。行灯を設けたり、石柱の土台を蓮華の彫り込みにしてもらったり、いろいろなオプションが存在します。全て追加の料金がかかるので、しっかりと考えてから依頼してください。
近頃では墓地不足が大問題になっているのです。中でも東京などの都会では地価の高騰や世帯の増加などのために、墓地を新たに開発するのが物理的に困難となってきているようで、ニーズはあるのですが、対応出来なくなっているという状況です。したがって東京などでは室内に墓石を建てるところも増えているようです。
兄弟が大勢いるという家庭においては、必然的に墓石を所有していない人達が多くなります。そのような場合には自分の子供に迷惑をかけてしまうということもきちんと考えるようにして、生前に事前に墓石を見て買っておくということをおすすめします。実際に実行している人達も最近では非常に多くなってきているそうなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*